チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

そけいヘルニア

 

そけい部というのは足の付け根のことですが、そけい部の隙間から内臓が飛び出てしまうことがあり、これをそけいヘルニアと言います。

 

考えられる原因としては、遺伝によるものと、事故などで腹部に激しく圧力がかかった時になることが多いと言われています。

 

そけいヘルニアもその度合いによって対処法は様々です。

 

そけい部の隙間が小さくそれほど大きく突き出ていない場合は、腹部に圧力をかけないように注意しながら様子を見ますが、楽観視はできないので定期的に診察をします。

 

しかし、大きい場合は小腸が入り込んでしまい、便利や下痢を繰り返したり、腸閉そくになったりします。

 

肥満はそけいヘルニアを悪化させてしまうことから、食事管理も大切になります。

 

そけいヘルニアにも色々な状態があるといいましたが、中には腸、子宮、などが腹腔内に入り込んでしまうこともあります。

 

この場合は早急な外科手術が必要になるので覚えておきましょう。

 

また、そけいヘルニアは予防がとても難しい病気だとも言われています。

 

足の付け根に明らかにおかしいしこりや、ふくらみを見つけたらすぐに動物病院で検査をしてください。

 

そけいヘルニアは早期発見と早期治療が大切です。

 

毎日のスキンシップの中で全身をくまなくチェックすることも大切ですね。