チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

歯肉炎・歯周病

 

歯肉炎や歯周病は、主に歯茎の病気ですね。

 

子犬の頃から歯磨きの習慣をつけていないと歯垢が付きやすく、歯垢が時間の経過とともに歯石になっていきます。

 

歯石は歯と歯茎の奥に入り込んでいき、歯を支えている骨を溶かしていきます。

 

歯石の中にも雑菌がたくさんいるので、衛生的にもいいとはいえません。

 

口臭もひどく腐ったような腐敗臭がします。

 

健康な歯茎はピンク色をしていますが、歯肉炎・歯周病になると赤く腫れたり、ちょっと触っただけでも出血します。

 

これは全く人間と同じなので、犬も子犬の頃からしっかりと歯磨きの習慣をつけることが大切なのです。

 

歯肉炎や歯周病は進行すると次第に歯が抜けていき、噛むことができないので食事も満足にできなくなってきます。

 

食欲旺盛な子は、歯がなくても丸のみしてしまうこともありますが、消化も悪く内臓にも負担がかかります。

 

歯がなくなってしまったら、食事はやわらかく消化の良いものに切り替えてあげましょう。

 

こうなる前に、歯石が付いてしまったら、全身麻酔で歯石を除去する処置をしましょう。

 

そのまま放置しておくと、いずれすべての歯を失うことになります。

 

犬も人間同様、噛めなくなれば、長生きはできません。

 

口の中が常に不衛生な状態なので、健康にも良いことはありません。

 

歯磨きの習慣がない場合は、歯磨き効果のあるガムやおもちゃを使い、なるべく歯石が付かないように努力しましょう。