チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

乳腺腫瘍

 

乳腺腫瘍はメスのワンちゃんに多い病気です。

 

症状としては乳腺の周りにしこりができるのので、良性の場合もありますが、悪性の場合は犬の乳がんということになります。

 

ワンちゃんを仰向けに寝かせて乳首のあたりをよく確認してみましょう。

 

乳腺腫瘍の場合、大きさや数は個体差があり、小さくひとつだけの場合もあれば、いくつもできている場合もあります。

 

妊娠していないのにお乳のようなものが出たり、透明な汁のようなものが出て乳首の周囲の毛がぬれていたりすることもあります。

 

考えられる原因としては、ホルモン異常によるものです。

 

一番の治療と予防方法は、やはり避妊手術を行うということになります。

 

悪性の腫瘍の場合は、他の場所に転移することも考えられますので、しこりが見つかった場合は病理検査に出し、念のためにしこりを切除します。

 

避妊手術をしていないワンちゃんの場合は、しこりの切除の際、避妊手術も同時に行います。

 

乳腺腫瘍も「早期発見、早期治療」が大切です。

 

避妊手術を可哀そうだと思う気持ちもとてもよくわかります。

 

でも、子どもを産ませる予定がないのなら、将来的な病気の予防にもつながるので避妊手術を考えておきましょう。

 

早ければ早いほど体への負担も軽く済みます。

 

病気になってから慌てて後で後悔するよりも、早めの決断も大切です。