チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

膀胱炎

 

膀胱炎の主な原因としては、細菌感染、寄生虫、腫瘍などで膀胱に炎症が起こるなどです。

 

どちらかというと男の子よりも女の子のワンちゃんに多い病気だと言われています。

 

人間の膀胱炎と同じで、何度もトイレに行くものの、おしっこが出にくいといった症状があります。

 

また、膀胱炎になるとおしっこをした時に、うっすらとピンク色に染まっていることがあります。

 

これは血尿でおしっこが染まっているからですね。

 

何度もトイレに行くのに量が極端に少なく、ピンク色だったり血が混じっていた時は膀胱炎の疑いがあります。

 

日中仕事で留守がちな家庭の場合、サークルの中でお留守番をしてトイレを我慢している子がなりやすいこともあります。

 

治療は主に、抗生剤を投与すればすぐによくなりますが、膀胱炎は一度なると再発の可能性も高くなります。

 

こうして考えてみると、人間と同じですね。

 

できるだけトイレを我慢させないことも考えてあげましょう。

 

また食事を変えることで改善されることもあるので、獣医さんに相談してみるのもいいと思います。

 

膀胱炎はは細菌感染なので、飼育環境を常に清潔にしておくことはなにより大切です。

 

ワンちゃんだって、膀胱炎になれば辛い思いをしますので、少しでも原因を排除して、快適に生活できるように心がけてあげるのも飼い主としての責任ですね。