チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

脱水症状

 

脱水症状もチワワにとっては、とても危険なことなので注意が必要です。

 

犬が脱水症状になる原因はいくつかあります。

 

人間と同じように蒸し暑い夏には、熱中症で脱水症状になることが多いので、散歩の時間、室内の湿度や温度も注意しましょう。

 

他には、何かの病気で下痢やおう吐が長く続いた時に、脱水症状になることもあります。

 

見極め方としては、鼻や口の中が渇いているなどですが、一番わかりやすいのは、背中や首の後ろの引っ張っても痛くない部分の皮膚をつまんで持ち上げてみてください。

 

健康な状態の時は、すぐに元に戻っていきますが、脱水症状を起こしていると引っ張ったり、つまんだ皮膚はなかなか元に戻りません。

 

脱水症状は安易に考えていると命にかかわるとても危険な状態なので、すぐに対処が必要です。

 

脱水の度合いにもよりますが、応急処置として砂糖水や塩分のあるスポーツドリンクを飲ませましょう。

 

その後、すぐに動物病院で適切な治療を受けてください。

 

人間も梅雨の時期や夏には、食あたりをしたり、熱中症になったりします。

 

犬も同じなので、ごはんを食べ残したりした場合はそのままにせず、もったいないようですが毎回捨てて長時間置き餌をしたりしないように注意しましょう。

 

乾燥しているドッグフードも保存場所の温度や湿度を考えてあげるといいですよ。

 

チワワは体が小さく、体調を崩しただけでも低血糖になりやすいですね。

 

その上脱水症状まで起こしたらとても危険なので、健康管理はしっかりと行ってください。

 

お散歩に行ったりお庭で遊ばせる時も、体高の低いチワワは地面に近いだけに人間が平気だと思ってもチワワにとっては息苦しく感じることもありますので、地面の温度も注意してあげましょう。