チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの毛色は何色ありますか?

 

JKC(ジャパンケンネルクラブ)では、チワワの場合は全ての色が認められていますので、何色あるかは決まっていません。

 

基本の色は、ブラック、クリーム、レッド、チョコ、ブルー、ホワイト、フォーンという風に単色たけでもたくさんの色がありますし、これに他の色が入り2色、3色になってくると、それこそ無限大にバリエーションが広がります。

 

体がチョコなどの単色でも、目の上のマロ眉毛のようにタンと呼ばれる茶色い色が入ると、チョコ&タンというカラーになります。

 

また、血統書に記載する色はブリーダーの判断に任されています。

 

成長過程での色の変化や、ブリーダーの見方により若干変わることも珍しくありません。

 

生まれたては真っ白でも、成長とともにレッドになっていくこともあるので、血統書にクリームと記載されていても実際はレッドだったりということもあります。

 

しかし、多種多彩なカラー故の注意点や問題点もたくさんあります。

 

チワワはここ数年人気の犬種としても常に上位にランキングしていますね。

 

人気の犬種は比較的取引価格も高くなりますし、珍しいカラーは希少価値が高く、高額な値が付くことから危険な交配をさせるブリーダーがいます。

 

チワワにも交配させるカラーやキャリアによって、危険な掛け合わせというのもあります。

 

こういったことで遺伝性の疾患を持って生まれてくる子犬が多いのも知っておいてください。