チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの平均寿命

 

チワワの平均寿命は、一般的には13歳〜14歳と言われています。

 

犬種ごとの本や犬図鑑などによっては、12歳〜15歳とも書いてあります。

 

しかし、中には20歳まで生きたチワワもいると言いますから、これも個体差があるので一応平均として受け止めておきましょう。

 

まだ若くても病気がちで体力のない弱い子は短命の場合もあります。

 

逆に病気ひとつせず特に飼い主も注意していることなどないのに、長生きする子もいます。

 

平均寿命といっても生活環境も多少寿命に影響されるのではないでしょうか。

 

それぞれの家庭の事情はあると思いますが、仕事が忙しいからと、犬に我慢ばかりさせてストレスをためているような子は、健康と言えると思いますか?

 

犬だってストレスが溜まれば体調を崩したりもします。

 

大切な家族の一員でもあり、犬の一生を決めるのは飼い主次第といってもいいと思います。

 

今は昔に比べてドッグフードも、質がよくなっていますので、きちんと年齢やその子の体質に応じて食事を考えてあげるだけでも、かなり違ってくると思います。

 

本当はフードだけでも十分に栄養は摂れていますが、つい過保護に甘やかしておやつをたくさんあげてしまったり、人間の食べ物を与えてしまったりしていませんか?

 

欲しがって可哀そうだからと言い訳をしてしまいそうですが、甘やかすことが必ずしも愛情であるとは言い切れない場合もあります。

 

少しでも健康で長生きしてほしいと思うなら、犬にとってベストな方法を考えることも必要です。