チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの成犬

 

チワワは世界一小さい犬としてもよく知られていますね。

 

チワワは成犬になっても体重が1キロ〜3キロが平均体重となっています。

 

中には、成犬になっても1キロ以下の本当に小さい子もいれば、5キロ近くあるデカチワワもいます。

 

でも、体重で判断するのはあまり賛成できません。

 

犬にも人間と同じように個体差があるということを理解してあげてほしいと思っています。

 

例えばチワワの場合、体高といって人間でいうところの身長の目安になるものがあります。

 

チワワの成犬の体高の平均は、15センチ〜23センチだとされています。

 

でも、体高が12センチの子の場合、当然、全体の骨格も小さいので体重も平均よりは軽めになります。

 

逆に体高が25センチくらいの子の場合は、全体の骨格も大きいので体重は多くなりますね。

 

体重だけで判断するのに賛成できないというのは、このような理由からなのです。

 

また、チワワに限らず犬は年齢に応じてフードも変えていく方がいいと思います。

 

子犬の時はパピー用のものを、1歳ころになれば成犬用のものを、5歳くらいからは5歳以上の子専用のフードや、7歳、9歳、12歳など年齢に応じて必要な栄養分を考えて作られたフードに切り替えてあげましょう。

 

チワワは、顎が小さいので大粒のものよりは小粒のフードを好んで食べるので、フードの粒の大きさも考えてあげましょう。

 

小型犬用、チワワ用のフードなら小粒のものが多いので食べやすいと思います。