チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの遊び方

 

何気なく遊んでいるようでも、実は遊びを通じて色々なことを学ぶことができます。

 

飼い主さんと一緒に遊ぶことでスキンシップを取ることもできますので、信頼関係も生まれます。

 

そして、遊びのタイミングを飼い主さんが決めることで、主導権が飼い主にあるということを学ばせることができます。

 

チワワは世界一の小さな犬としても知られていますね。

 

家の中や庭でたっぷり遊ぶことで良い運動にもなるので、散歩に連れて行けない人はその分たくさん遊んで運動をさせてあげましょう。

 

小型犬なのでボールやおもちゃを使った遊びでも十分な運動量になると言われています。

 

しかし、散歩を全くしなくてもいいということではありません。

 

散歩に連れて行ける時間があるなら、散歩にも行きましょう。

 

次にチワワと遊ぶ時の注意点について見ていきましょう。

 

まず、子犬の時は可愛いからといって遊ばせすぎにも注意が必要です。

 

子犬のうちは、10分程度で十分と言われていますが、犬が疲れているなと感じたら遊びをやめさせゆっくりと寝かせてあげましょう。

 

遊んだ後は疲れているため、すぐにぐっすりと眠ると思いますので、目が覚めるまでそっとしておきましょう。

 

子犬の時からおもちゃやボールで遊ぶ習慣をつけておくと、お留守番の時も一人で遊ぶことができますので、後を追っていつまでも鳴くということもなくなります。

 

小型犬用のおもちゃは比較的小さめに作られていますが、誤飲を防止するためにも少し大きめのものが安全でいいと思います。

 

おもちゃで遊ぶ楽しみを覚えてくれれば噛み癖もなくなりますし、ストレス解消にもなります。

 

子犬の時からたくさん遊んであげてくださいね。