チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの多頭飼い

 

チワワの多頭飼いについては、メリットもあればデメリットもあるようです。

 

とても小さいチワワは室内犬としても人気の犬種です。

 

長時間の散歩も必要ありませんし、家の中で思いっきり遊んでいれば運動量も足りていることから、忙しい人でもチワワを飼うことができます。

 

もちろん、しっかりと愛情を注ぎスキンシップはとらないといけません。

 

チワワは多頭飼いをしている人も多い犬種ですね。

 

最初は1匹だけ飼ってみたけど、慣れてきたし一人でお留守番させるのが可哀そうだから2匹目を飼ってみようかな。

 

オスとメスを飼っているということで、子どもを産ませたら可愛くて手放せなくなりそのまま多頭飼いになった。

 

とにかくチワワが好きでたくさんのチワワと一緒に生活したい。

 

このように多頭飼いをするきっかけや理由にも色々あると思います。

 

しかし、多頭飼いをする場合は、チワワの性格により注意も必要になってきます。

 

とても気の優しい穏やかな生活になれている子の場合は、後から来た子を受け入れないこともあります。

 

誰にでもよくなつき、他の犬とも仲良くできる子ならば、大抵はどんな子とでも仲良くできるので、それほど心配はいらないと思います。

 

でも、先住犬は何をするにも一番最初に!というのは忘れないであげてくださいね。

 

年齢に関係なく、一番最初からいた子が犬の中で一番上ということになります。

 

性格次第ではどんなに時間をかけても仲良くなれず、別々のサークルや部屋で飼うことになるというケースもあります。

 

これからチワワの多頭飼いをしたいと思っている人は、まず、犬の性格をよく考えてから決めてあげてほしいと思います。