チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの自家繁殖

 

基本的にただ可愛いからと、安易に自家繁殖をさせるのには反対です。

 

チワワにも遺伝性の病気があり、発症しなければわからない病気もあります。

 

病気などの遺伝は繁殖を重ねていく毎にひどくなり、場合によっては奇形として産まれてくる可能性も高くなります。

 

人気のある犬種ほど高値で取引されるので、お金のためだけに遺伝やその種のことを考えず、安易に交配させてしまう無責任なブリーダーもいます。

 

こういうところで生まれた犬は、遺伝性の病気を持っていることもあります。

 

交配させてはいけない子に子どもを産ませてしまう人もいるでしょう。

 

この場合、とても体も弱く病気がちで短命の子が多くなってしまいます。

 

まず自家繁殖を考えるのなら、不幸な子を1匹でも減らすために、チワワについて徹底的に学びましょう。

 

本を読んでもいいし、ブリーダーによっては弟子入りというわけではありませんが、種について本気で学ぼうという姿勢があるのなら色々なことを教えてくれるブリーダーもいます。

 

これは時間がかかることなので、安易に考えている人には不向きだと思います。

 

ブリーダーも商売ですから、ただで何から何まで教えてくれるわけではありません。

 

お金を取るということではありませんが、例えばそのブリーダーの元で子犬を譲ってもらうなど条件もあるでしょう。

 

良いブリーダーのところの子犬は決して安くありません。

 

そして、本当の意味で良いブリーダーの元で犬を譲ってもらい交配のことについて相談しながら進めて行くのがいいと思います。

 

さらに、自家繁殖させる場合は子犬が産まれたら母犬と一緒になって1日中付きっきりで世話をすることになります。

 

チワワの場合は体が小さいので正常分娩できないことも多く、急きょ帝王切開になることもあります。

 

出産のときから常に付き添っていないといけません。

 

「仕事の片手間に繁殖させよ〜」なんて人には絶対に無理だと思いますのでオススメしません。

 

素人判断で安易に繁殖はさせないでほしいと願うばかりです。