チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの成犬・老犬の食事

 

チワワが成犬になってきたら、それまでのパピー用の栄養価の高いドッグフードから、成犬用のものに切り替えていきましょう。

 

成犬用のフードはパピー用の栄養価の高いフードとは多少栄養価が変わってきます。

 

1日に必要な量も今までとは変わってきますので、成長とともに年齢に合ったフードを選び、量も変わるということを覚えておきましょう。

 

フードの袋に記載されている量はあくまでも目安なので、その子の体格や体調に合わせて適度な量を調節してあげましょう。

 

大体7歳頃までは、成犬用のフードでいいと思います。

 

7歳を超えてくるころから、メーカーによっても違いますが、年齢に応じてシニア用のフードに切り替えていきましょう。

 

犬も年を取ってくると人間と同じように、内臓も老化してきます。

 

高齢犬になったら消化のいいフードを食べさせてあげましょう。

 

今はドッグフードの質もかなりよくなっています。

 

高齢犬には、高たんぱくで低カロリーなフードを食べさせてあげましょう。

 

また、高齢犬になると歯がなくなってしまう子もいますので、歯の状態に応じて食事の硬さなども配慮してあげましょう。

 

缶詰でもいいですし、手作りのドッグフードにしてもいいですね。

 

人間と同じように犬も年を取り、あちこちにガタがきます。

 

食事をきちんと考えていれば長生きだってできますので、チワワの成犬・老犬にはふさわしい食事を考えてあげましょう。