チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの叱り方

 

チワワは小さい体のわりには、意外と筋肉質な体つきをしていますが、やはり全体的にとてもデリケートです。

 

しつけをする時には、叱ることも時には必要ですが、決して手や物で叩いたりするのはやめてください。

 

愛のムチのつもりで、叩いてしまうとチワワにとっては命取りになることもあります。

 

目をつぶってチワワの体型を思い描いてみてください。

 

小さい体に、細い手足、丸い頭、とても小さく繊細ですよね?

 

特にチワワの頭蓋骨はとても薄く、子犬の時には頭蓋骨のてっぺんに空洞があります。

 

この空洞は成長とともに閉じてきますが、閉じたとしてもとても薄く繊細なので、叩くことで頭蓋骨が割れることもあります。

 

頭蓋骨が割れたらどうなるかは、言わなくてもおわかりですね?

 

人間が軽く叩いたつもりでもチワワにとってはものすごい衝撃になります。

 

ここのところを十分に理解しておきましょう。

 

参考までに、体格の小さい女性や子供でも、立ちあがった状態でチワワを抱いていた時、何かの拍子に落下させてしまうだけでも、大けがをしたり、最悪死なせてしまうこともあるので注意しましょう。

 

チワワを叱るときは音を有効に使いましょう。

 

手をポンと叩くだけでも十分効果があります。

 

床を軽く叩き振動を与えるのもいいと思います。

 

叱る時は表情も変えてみましょう。

 

犬は飼い主さんの表情の変化もちゃんと見ています。

 

叱る時は怒った顔で、褒める時は思いっきりの笑顔で、メリハリをつけましょう。