チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

待て・お座りのしつけ

 

チワワのしつけの時は、体罰は必要ありません。

 

というよりも体罰は小さくデリケートなチワワに、怪我をさせてしまう危険もあるので止めましょう。

 

まず、「お座り」から教えていくと、その後の「待て」も覚えやすくなるので、お座りのしつけから始めるといいと思います。

 

しつけ方法はいくつかありますので、自分のいいと思える方法で行います。

 

これは私の実践した方法なので、参考程度にして頂ければと思います。

 

まず、何も持たずにワンコを呼び近くに来させます。

 

ちゃんと来たら褒めてあげましょう。

 

次に自分が立ち上がり、ワンコに上を向かせます。

 

頭が上を向くと自然とお座りの姿勢になるので、座るタイミングを見ながら「おすわり」と声をかけます。

 

根気よくこれを繰り返すだけでも、お座りをするようになります。

 

この方法ならおやつで釣らなくても覚えてくれるのでオススメですが、根気が必要です。

 

お座りができたら、次は待てを教えていきます。

 

ご飯の時にお座りをさせて、最初は手で体を軽く抑えたりして、「待て!」といって数秒待って、「よし!」といってからごはんをあげます。

 

ごはんの時に待てができるようになったら、遊ぶ時にも一度お座りをさせてから待てを取り入れていきます。

 

すぐにおもちゃをあげるのではなく、一度おもちゃを置き、待てをさせます。

 

次は、一旦座らせて「待て!」と声をかけ少し離れてみましょう。

 

徐々にステップアップしていけば、色々な状況でも待てができるようになってきます。

 

少しでも出来た場合は必ず褒めてあげましょう。