チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

来い・ハウスのしつけ

 

来いのしつけは飼い主との信頼関係がないと出来ませんので、まずアイコンタクトから始めてみましょう。

 

子犬のうちは名前を呼んでも来ないこともありますが、毎日スキンシップを取りながら名前を呼び自分の名前を覚えさせましょう。

 

最初は名前を呼び、こちらを見て目が合えば褒めてあげましょう。

 

名前を呼び飼い主さんの方を見れば褒めてもらえると学習してくれます。

 

次に来い、オイデなど言葉を決めて、名前を呼び、「来い!」と言います。

 

最初から上手にできる子もいれば、できない子もいます。

 

上手に出来ない時は、名前を呼び「来い!」といった時に、しゃがんで手を広げてみてください。

 

明るく人懐っこい性格の子は名前を呼んだだけでもうれしそうに駆け寄ってきますが、臆病な子は最初は上手にできないこともあるので、私はこの方法で覚えさせました。

 

すぐに来ないからといって怒った声を出してしまうと、叱られるのではないかと思ってしまうので、あくまでも笑顔で行いましょう。

 

音のでるおもちゃやおやつを使ってもいいと思います。

 

次にハウスのしつけです。

 

ハウスと決めた場所に連れて行き、中に入れる時に、ハウスと声をかけていきます。

 

毎回必ずハウスに入る時に、ハウスと声をかけることで、ここがハウスだということを覚えてきます。

 

次にハウスの外にいる時に、ハウスと言いながら最初はハウスの近くで入れるように誘導していきましょう。

 

上手にできたら思いっきり褒めてあげます。

 

徐々に距離を延ばしていきましょう。

 

ハウスは自分の居場所でもあり、落ち着ける場所なので比較的簡単に覚えてくれると思います。

 

すぐにできなくてもあせらずに、根気よく気長にしつけていきましょう。