チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの夜鳴きのしつけ

 

夜鳴きはどんな犬でも、初めて家に来た時には起こりうることですね。

 

夜鳴きをする理由にもいくつかありますが、大抵は母犬や兄妹犬を思いだし、恋しがって鳴いていることが多いと思われます。

 

こればかりは、どうすることもできないので、その状況に慣れさせてあげるしかありません。

 

でも臆病で気の弱い子の場合、このことが極度のストレスになり体調を崩してしまうこともあります。

 

そういう時は安心できる環境を作ってあげましょう。

 

母犬の温もりを求めて鳴いていることもあるので、寒い時はペットヒーターなどで温かくしてあげましょう。

 

湯たんぽや使い捨てカイロは低温やけどをするのでオススメできません。

 

時計のチクタクという音が母親の心臓の音に近いことから、時計をそばにおいてあげるのも良いと言われています。

 

部屋の状態に慣れずに鳴くこともあります。

 

まっ暗い部屋で鳴く時は、小さいライトなどを付けてあげたり、明るい部屋で寝られない時は、サークルにタオルをかけてうす暗くしてあげてみてください。

 

夜鳴きの度にそれに応えて抱っこしてあげるのもいいですが、鳴けば抱っこしてもらえると学習してしまい、成犬になってからも夜鳴きをするようになります。

 

ある程度の環境作りをし、特に体調を崩したり様子がおかしいなどの変化がないことを確認したら、後はそのまま放っておきましょう。

 

2〜3日すれば慣れて夜鳴きも徐々に減っていきます。

 

個体差があるので1週間くらいかかる場合もありますが、これも根気よく慣れさせてあげましょう。