チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの拾い食いのしつけ

 

目の前に何かが落ちていたら、犬は必ず臭いをかぎそれが何なのか確認しようとします。

 

中には実際に口に入れて、それを確認しようとすることもあります。

 

家の中だったら飼い主さんが注意して床に何も物を置かない、手の届くところに危険なものを置かないというのを徹底すれば防げます。

 

でも、お散歩中だと落ちているものが安全なものばかりとは限りません。

 

むしろ外には危険がいっぱいです。

 

たばこの吸い殻、ゴミ、小石、などなど他にもたくさん落ちていますね。

 

拾い食いのクセがある子は、飼い主さんがちょっとでも目を離した隙に拾い食いをしてしまいます。

 

誤って食べてしまうと命を落とすことだって十分に考えられますので、拾い食いのしつけは徹底させましょう。

 

お散歩の時は飼い主さんが犬から目を離さないことです。

 

何かが落ちていて犬が近付こうとしたら、リードを引きイケナイ、ダメなどの声をかけます。

 

チワワの場合、あまり強くリードを引っ張ると怪我をさせてしまうことにもなるので、力の加減はしましょう。

 

何度か繰り返し、我慢出来たら褒めてあげます。

 

1度や2度出来たからといって安心はできません。

 

何度も繰り返し、何か落ちていても横を通り過ぎることができるようになるまで続けましょう。

 

お散歩中に落ちていたおやつを食べて死んでしまった子もいます。

 

心ない誰かがおやつに農薬を付けていたそうです。

 

こんなことにならないように、拾い食いはさせないようにしましょう。