チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの爪きり

 

犬の爪も伸びてくるので、定期的に爪切りが必要です。

 

チワワの場合、全体的に色の白っぽい子は爪も白く血管まで見えるので、血管を切らないようにある程度予測しながら切ることができますね。

 

でも、爪が黒い場合は、爪にも神経が通っていて、切り過ぎれば痛がるし血も出ます。

 

爪が黒い場合は、一度に一気に済ませようとせず、少しずつ様子を見ながら切っていきましょう。

 

爪切りを自分でやるのが不安なら、動物病院に行けば爪を切ってもらえます。

 

一度切っておけば、次に切る時には、よく見てみると前に切ったところがわかるので、そこを目安に切り過ぎないように切っていけばいいと思います。

 

私も爪切りは動物病院でやってもらっていたのですが、一度おじいちゃん先生にやってもらった時に一気に切ったら血が出て大騒ぎしたことがありました(犬が・・・笑)

 

それ以来、爪切りを怖がるようになってしまったので、家でなんとかなだめて褒めながらちょっとずつ切っています。

 

もしも自分で爪切りをして切り過ぎて血が出てしまった時は、止血材を用意しておきましょう。

 

切った程度にもよりますが、ティッシュなどで押さえていても血が止まらないことがあるので、必ず止血材を用意しておきましょう。

 

爪をきった時、切ったままにしておくと切り口がとがっていることがあります。

 

角度を変えて丸く切っていくといいのですが、出来ない時はやすりなどで軽く表面を磨いてあげましょう。