チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの肛門腺絞り

 

チワワのような小型犬は、肛門腺絞りをしてあげないといけません。

 

肛門の両脇には肛門腺といって独特の匂いがるす分泌液をためる袋のようなものがあります。

 

犬があいさつ代わりにお尻の匂いを嗅ぐのは、この肛門腺からでる分泌物の匂いを嗅いでいるとも言われています。

 

匂いも個体差がありそれぞれ違った匂いがするので、相手を識別するのにも役立っているようです。

 

小型犬の場合は、肛門腺に炎症を起こしやすいこともあり、定期的に肛門腺を絞ってあげる必要があるのです。

 

トリミングに出す場合は、肛門腺絞りもやってもらえるので、その時にお願いしておくといいと思います。

 

一般的には時計でいう、4時と8時のあたりになるのですが、素人ではなかなか上手に絞ることができません。

 

うまく行かない時は動物病院でもやってもらえるので、獣医さんにお願いしましょう。

 

定期的にといっても個体差があるので、いつやればいいか分からない時は、あるしぐさで判断することができます。

 

トイレの後に、お尻を床にこすりつけるようなしぐさをすることがあります。

 

これは肛門腺が溜まっているからだと言われているので、床にお尻をこすりつけてズルズルするようになったら肛門腺を絞ってあげましょう。

 

肛門腺がたまってそのままにしておくと、炎症を起こし膿がたまり破けてお尻の所に穴があいてしまうこともあります。

 

こうなる前に定期的に肛門腺のケアもしてあげてくださいね。