チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

チワワの健康管理

 

チワワはとても寒さに弱い犬種です。

 

かといって夏の暑さに強いかというと、そうでもありません。

 

年間を通して健康管理には特に注意してあげましょう。

 

チワワが快適に過ごせる温度は25度前後だと言われています。

 

真夏や真冬は外と部屋の温度差も出てくるので、散歩に行くときなども急激な温度差にならないように注意しましょう。

 

チワワは体が小さいために、寒い冬は体が冷えてしまうと低血糖になりやすいので、特に注意しましょう。

 

寝る時にはペット用のヒーターを入れてあげたり、毛布や洋服を着せて寒さから守ってあげましょう。

 

夏はエアコンで冷え過ぎにも注意が必要です。

 

エアコンの冷たい空気は下にたまりますね。

 

体高の低いチワワは常に冷たい空気の中にいることになります。

 

人間がちょうどいい温度でもチワワにとっては冷たすぎることもあるので、体を触って震えていないか、冷たすぎないかなど注意しましょう。

 

毎日の食欲や、ウンチの状態、毛つやなど全身の様子も細かくチェックしてあげましょう。

 

夏場は犬も夏バテをして食欲が低下します。

 

チワワの場合はきちんと栄養を摂っていないとすぐに低血糖になってしまうので、食事の管理も注意が必要です。

 

夏の間や、食欲が落ちていると感じた時は、いつものフードにひと手間加えて手作りごはんもいいと思います。

 

健康で長生きしてもらうためにも、飼い主さんがしっかりと健康管理をしていきましょう。