チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

水頭症

 

チワワのかかりやすい病気に水頭症というのがあります。

 

水頭症とは、頭の脳の中の脳脊髄液が過剰に分泌され、脳室が拡張してしまう病気です。

 

考えられる原因としては2通りあります。

 

一つは先天性のものです。

 

体の小さいチワワは妊娠しても1頭だけのことが多いのですが、2頭以上いる場合は十分に育たず発育不全の場合があり、脳に異常のある子犬が産まれることもあります。

 

もう一つは後天性のものです。

 

チワワはとても頭蓋骨が薄く、子犬の時には頭蓋骨のてっぺんが開いた状態になっています。

 

成長とともに閉じてきますが、頭部に強い衝撃を受けたりすることで脳に異常が出て、水頭症になることもあると言われています。

 

チワワを扱う時は、特に頭部に衝撃を与えないように注意が必要になります。

 

水頭症の主な症状としては、名前を呼んでも反応せずぼんやりしている時間が多かったり、異常なくらいに寝ている時間が多いこともあります。

 

寝ているかと思えば、急に興奮しだしたりする場合もあります。

 

脳室が拡張することで、平衡感覚が狂い歩き方がおかしい場合もあります。

 

何もないところで転んだり、転んでもすぐに起き上がれないこともあるそうです。

 

しかし、水頭症でもまったく症状が現れないケースもあるので、見極め方は難しいですね。

 

水頭症の治療については、脳脊髄液を腹腔へ流す外科手術もありますが、一般的には薬で脳圧を下げて脳脊髄液を減らしていく内科治療を行います。

 

水頭症の予防はとても難しいので、何か少しでも異常を感じたらすぐに診察を受けましょう。