チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

結膜炎

 

結膜炎はチワワだけでなく、どの犬種もかかりやすい病気なので覚えておくといいですね。

 

結膜炎とは目の結膜に炎症が起きるもので、痛みを伴う場合もありますが、かゆみの方が強く赤く充血します。

 

かゆいので犬は前足でしきりにひっかいたり、床に目をこすりつけたりしますので、さらに赤みが増し、酷い場合は浮腫になることもあります。

 

目の周りや、まぶたが赤く腫れていたら結膜炎の疑いがあるので、すぐに診察を受けましょう。

 

犬はひっかいてはダメといっても、前足でひっかいてしまいます。

 

ひっかくことでさらに炎症が進んだり、角膜を傷つけてしまうこともあります。

 

靴下をはかせたり手に包帯を巻いてもすぐに取ってしまい効果がないので、エリザベスカラーというエリマキトカゲのようなものを首に巻き、手が届かないように保護します。

 

結膜炎になる原因は、まつ毛や抜け毛が目に入る刺激、シャンプーなどの刺激、細菌やアレルギーなどが考えられます。

 

この他には、全身性の病気が原因になっていることもありますが、この場合は病気の治療をすることで結膜炎も治っていきます。

 

結膜炎の治療法は、点眼液や目に塗る軟膏を使い治療をしていきます。

 

人間にも結膜炎がありますし、私もなったことがあります。

 

とても目がかゆくて、我慢できないほどでした。

 

犬も同じなんですね。

 

動物病院でもらう点眼薬でかゆみはおさまりますので、こじらせてしまう前にすぐに診察を受けて治療をしてあげましょう。