チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

緑内障

 

緑内障というのは、眼圧が高くなるために視覚障害を起こす病気のことです。

 

目が見えにくいために、ぼんやりとしていることが多くなり、頭を触ろうとすると嫌がったりすることもあります。

 

目は、角膜と水晶体の間に房水が流れているのですが、この房水の流れが何らかの原因で妨害され、流れが滞ることで眼圧が上昇してしまい、緑内障になると言われています。

 

眼圧が上がることで目が充血したり、痛みも伴います。

 

食欲が低下し、おう吐といった症状も出ます。

 

眼圧が高いままだと、外見からもも目が大きくなったとわかりますし、放置しておくと失明の危険もあるので早急な治療が必要になります。

 

主な治療法としては、点眼薬や内服薬で眼圧を下げることを最優先にします。

 

症状が進み視力を完全に失い、痛みを伴う場合は、最悪、眼球を摘出することもあります。

 

しかし、緑内障はこれといった予防法がないために、早めに適切な処置をすることが大切になります。

 

これにはやはり、早期発見、早期治療しかありません。

 

チワワは緑内障になりやすいと言われているので、健康診断と一緒に目の検査も受けておくと安心ですね。

 

飼い主さんが日ごろのスキンシップも兼ねて、犬の全身をくまなくチェックすることで異常を発見できる場合もあります。

 

どんな病気も、早期発見ができれば治療も可能ですし治りも早くなります。

 

少しでも異変を感じたら、すぐに診察を受けさせてあげましょう。