チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

涙やけ

 

チワワのようにマズルが短く、目が大きく少し出ている犬種には避けて通れないのが涙やけです。

 

チャームポイントでもある大きい目ならではのトラブルでもあります。

 

チワワは目が大きく少し前に出ていますので、とても乾燥しやすいために涙を多く分泌させることで目を守っています。

 

通常は涙が多く分泌されても、鼻腔や口腔内に流れていくのですが、マズルの短いチワワは、涙があふれ出てしまい、目の周辺がいつもぬれたような状態になります。

 

毛の色が白や薄いクリーム系の場合は、涙に含まれる成分で涙やけを起こし茶色く変色してしまいます。

 

涙やけは病気というよりも短吻種独特のケースと言った方がいいかもしれませんね。

 

病気ではないので治療というよりはケアになります。

 

涙やけ専用のローションで、こまめに涙を拭きとってあげるのが一番です。

 

稀に食べているフードの種類で涙やけの程度も変わることからフードを変えることもあるそうです。

 

これは素人判断では難しいので、獣医さんに相談してみるといいかもしれません。

 

涙やけの専用ローションを使ってもなかなか、真っ白にならない場合には、特別に開発された水などもあるそうなので、どうしても白くならず、涙やけで悩んでいる場合はこういうものを探してみてもいいですね。

 

これからチワワを飼おうとしている人は、涙やけのケアも必要になるということを覚えておきましょう。