チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

瞬膜腺脱出(チェリーアイ)

 

チワワがかかりやすい病気の一つに、瞬膜腺脱出(チェリーアイ)があります。

 

犬には、上下の瞼の他に、第三の瞼と呼ばれる瞬膜というものがあります。

 

瞬膜は涙を目に広げて目を保護する役割も担っています。

 

この瞬膜の内側にある瞬膜腺は目頭のところにあるのですが、遺伝や外傷性によるものが原因となって、瞬膜腺が飛び出してしまうことがあります。

 

瞬膜腺が外側に飛び出してしまうと、赤く腫れあがったようになります。

 

この様子がさくらんぼのように見えることから、チェリーアイとも呼ばれています。

 

見た目は目頭にできた、ものもらいのようなので、目薬をさして様子を見る飼い主さんもいますが、目薬では治すことはできません。

 

人間でも、小さなものもらいができたら目にゴロゴロとした違和感があり、痛んだりすることもありますね。

 

瞬膜腺脱出の場合も同じで、ワンちゃんは気になって仕方ありません。

 

痛みを伴う場合もありますし、常に違和感があるので前足で目をひっかいてしまいます。

 

瞬膜腺脱出が原因で、角膜炎や結膜炎になることもあるので、目に異常を感じたらすぐに動物病院に連れて行きましょう。

 

瞬膜腺脱出でも、症状が軽い場合は、押し戻すこともできますが、炎症がひどく腫れてしまうと簡単に押し戻すことはできず、手術をしないといけない場合もあります。

 

押し戻すことができても再発の可能性も高いので、常に注意が必要になります。