チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

膿皮症

 

膿皮症とは、皮膚にブドウ球菌などの細菌が感染し化膿して赤く膿をもったニキビのようなものができたり、湿疹ができたりする病気です。

 

炎症がひどい部分は毛が抜けてしまうこともあります。

 

通常は抵抗力があるので、特に問題のない雑菌でも抵抗力が低下している時や、不衛生にしていると膿皮症になり易いと言われています。

 

アレルギーのあるワンちゃんの場合、アカラスなどが原因で発症することもあります。

 

また、ワンちゃんにもそれぞれ体質に個体差があるので、皮膚の弱い子に刺激の強いシャンプーなどを使っていると膿皮症になることもありますので注意しましょう。

 

膿皮症は顔、腋、股、指といった部分にできやすいので、日ごろからよく観察しておきましょう。

 

稀に、ドッグフードの脂肪分や栄養価が高すぎることで、アレルギーを起こし膿皮症になることもありますので、体質や年齢にあったドッグフード選びをしましょう。

 

膿皮症の治療法は抗生物質の投与や、肌に刺激を与えない薬用シャンプーを使いながらの治療になります。

 

膿皮症は、常に清潔な環境を作ること、シャンプーをする場合は体質に合ったシャンプーを選び洗いすぎないこと、栄養バランスを考えた食事にすることなどで予防することができます。

 

注意深く見ていないと気付かないこともありますし、炎症を起こしているのにブラッシングをして悪化させてしまうことのないように日ごろから注意しておきましょう。