チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

マラセチア皮膚炎

 

マラセチア皮膚炎とは、マラセチア菌という皮膚の表面に存在している菌によって引き起こされる皮膚病の一種です。

 

酵母菌の一種なので健康な状態であれば特に問題のない菌なのですが、高脂肪の食事や脂症の体質が原因で、マラセチア菌が繁殖しやすくなることがあります。

 

マラセチア菌は高温多湿を好むので、耳の中まで広がると外耳炎になることもあります。

 

症状としては、激しいかゆみを伴うので仕切りに体中をひっかきます。

 

マラセチア皮膚炎独特の脂漏臭もあるので、脂症の体質のワンちゃんはなんか臭いなと思っていたら、マラセチア皮膚炎だったということもあります。

 

また、大量のフケもでるので異常にフケが出ていたら、全身の毛をかきわけてチェックしてみましょう。

 

脇や、腿の内側、股、指の間、陰部をしきりに舐めている場合はマラセチア皮膚炎の可能性もあります。

 

炎症をおこしているので赤い湿疹のようになっていたら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。

 

主な治療法としては、抗真菌剤の投与と皮膚の脂を落とすために、除脂作用の高い薬用シャンプーを使っていきます。

 

効果を高めるために、全身の毛を短くカットすることもあります。

 

ふだんから皮膚を清潔にし、部屋の湿度なども注意することで予防できます。

 

また、脂肪分の高いドッグフードを食べていると体も脂っぽくなってくるので、脂肪分の高いフードをやめ成分を見ながらヘルシーなフードに変えてあげましょう。