チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

膝蓋骨内方脱臼

 

膝蓋骨というのは、膝にあるお皿のような骨です。

 

この膝蓋骨が何らかの原因で、外側か内側にずれてしまう状態を膝蓋骨脱臼と言います。

 

小型犬にの場合は、内側にずれてしまうことが多いので、膝蓋骨内方脱臼になることが多いと言われています。

 

原因に関しては、先天性の形成不全と、後天性の打撲や怪我による場合があります。

 

当然、膝のお皿がずれてしまうので、激しい痛みを伴うこともあり、足を引きずったり、腫れて動けなくなることもあります。

 

フローリングの室内で走り回り急に向きを変えたりして滑った時に、膝蓋骨内方脱臼になることもあるので、滑りにくい環境作りも考えてあげましょう。

 

また、肥満で体重が増加することで膝が体重を支えきれなくなって、膝蓋骨内方脱臼になることもあります。

 

肥満は他の病気も引き起こすので、食事の管理もしっかりと行いましょう。

 

主な治療法は、症状によっても変わってきますが、軽い場合はレーザーを当てたり運動制限で様子を見ていきます。

 

重症で歩けなくなっている場合には、外科手術を行うこともあります。

 

チワワのように足が細く繊細な犬種は膝蓋骨内方脱臼になる可能性も高いので、元気だからといって過剰な運動や、急激な方向転換などはさせないように注意しましょう。

 

手術となるとワンちゃんの体にも負担がかかりますし、費用もかかります。

 

日ごろから予防できることもあるので健康管理はしっかり行いましょう。