チワワの飼い方・しつけ方・寿命・病気・価格・性格

ケンネルコフ

 

ケンネルは犬舎のことで、コフは咳を意味します。

 

ペットショップにいる子犬は、ケンネルコフにかかりやすいと言われています。

 

原因は、店内を常にエアコンで温度調節していますね。

 

しかし、湿度まで調節しているペットショップはなかなかありません。

 

冬は暖房、夏は冷房と常に乾燥した状態になっています。

 

人間でもそうですね。

 

冬や夏でも乾燥している室内に長い時間いると、喉の調子が悪くなります。

 

風邪などのウイルスは乾燥した環境が大好きですね。

 

特に犬は呼吸器系が乾燥に弱いので、すぐに喉をやられてしまい抵抗力のない子犬の場合は、ウイルスなどにも感染しやすくなっています。

 

ケンネルコフはとても伝染力が強いので、ペットショップなど子犬が集まる場所で感染しやすくなっています。

 

感染してからの潜伏期間も長い場合は2週間ほどあるので、ペットショップから購入し、家に連れて帰ってしばらくすると咳をし始めることも多いのです。

 

ケンネルコフは犬の風邪のようなものなので、特にワクチンなどもありません。

 

鼻水をたらしたり、咳が酷いといった症状が出ます。

 

抗生物質や、咳止めなどを使い治療していきます。

 

大抵の場合は、ケンネルコフになっても2週間ほどで治るのですが、治療している間は部屋の温度や湿度には十分注意してあげましょう。